PAGE TOP

トピックス詳細

ホームトピックス > 詳細

茨城キリスト教大学にて贈呈式が開催されました。

 令和2年9月29日、茨城県日立市にある茨城キリスト教大学に対し、大学備品の贈呈式が開催され、弊社から新型コロナウィルス感染予防対策として学生食堂のテーブルに設置する「飛沫防止パネル」を寄贈いたしました。
 当日は、茨城キリスト教大学から上野学長、梶田副学長など7名、弊社からは取締役鈴木会長、代表取締役田山社長など4名が参加しました。式の中で鈴木会長は「2021年春の新卒社員は50名位採用しようとしておりまして、御校からは5名を採用させていただく事になっており、厚く御礼申し上げます。引き続き、多くの学生さんに入社いただければと考えております。今回、御校に対し少しはお役に立てるかと思い、飛沫防止パネルを贈呈させていただく事になりました。是非ともご活用いただければありがたい。」と挨拶されました。
 一方、茨城キリスト教大学の上野学長からは、「この度は株式会社東日本技術研究所様より目録を頂戴いたしました。また、本校の学生を採用していただいているということで、合わせて御礼申し上げます。現在も新型コロナウィルスの蔓延が続いているということもあり、非常に役に立つものをいただいたことは、感謝に堪えません。感染予防のためにマスク着用や消毒液もありますが、食事の際はどうしてもマスクを外さざるを得ないので、その際にパネルがあるととても役に立つので本当にありがたいと思います。今後とも様々な分野でご支援賜りたいと存じますのでどうぞよろしくお願いいたします。本日はありがとうございました。」と謝辞を述べられました。
 贈呈式終了後、式典参加者は飛沫防止パネルを設置している学生食堂を訪れ、贈呈品の活用状況について視察しました。少しでも学生の皆さんのお役に立っているようで、うれしい限りです。


登録日: 2020-10-02