PAGE TOP

Dr.Pen Lite導入事例

ホームトピックス > Dr.Pen Lite導入事例

西中田整形外科様のDr.Pen Lite導入事例

『紙カルテ使用時と同様に患者様とも対面でお話をしながら記入できる為冷たい感じにならない点が非常に良い。』

院長 水戸 龍一

治療とは体の痛みもさることながら、心の痛みを和らげることでもあると考えます。わたしたちは単なる治療だけでなく、対話を重視した診療を心がけ、患者さんが安心して相談できる環境づくりに努めております。

当医院では、皆様の『健康創造パートナー』として、皆様の健康全般に関するご支援をいたします。
具体的には、以下の3つの方針を重視した診療を行ってまいります。

患者様の納得のいく治療のため、じっくりとお話を聞き、丁寧に治療説明を行います。

常に患者様第一に治療方針を考えます。(安心の治療を目指しています)

専門外のことにも耳を傾け、適切な専門科を紹介いたします。(病気のアドバイザー)


導入の背景(導入前の状況)

自分は対話を重視した診療を心掛けており患者様が安心して相談できる環境につとめており、Dr.Pen Liteはキーボード入力ではないので、 紙カルテと同様のスムーズさで紙カルテ使用時と同様に患者様とも対面でお話をしながら記入できる為、冷たい感じにならない点が非常に良い。
また、代診の先生が2名いるが紙カルテ使用イメージで使えるので非常に導入がスムーズで迷いが少なくあまり苦労せず紙カルテ時処理より移行出来ている。

選定の決め手

デジタルペン入力が決め手となった。非常に使いやすい。

会計時にはスムーズにデータが流れており早く処理できる。

受付もスキャナーを使用すれば素早く対応できる。

事務処理は全般的に業務負担が少なくなり楽になる。


導入後の効果

Dr.Pen導入後、診療や会計は全般的にスムーズに行えるようになった。

キーボード入力が必要ない為、診察時の患者さんとのコミュニケーションは以前と殆ど変わらない。

カルテ処理に関する、スピード、正確性に関しては非常に向上した。

リハビリのみの患者様に関してはいちいち画面を開かずに直接紙カルテに内容を記載しデータを転送するので
 手間的にも少なく早く処理できる。

過去の履歴が見やすい。処方、処置、注射等が過去からの履歴で確認できる。