PAGE TOP

製品情報

ホーム製品情報ファットスキャン > 機能・稼働環境

機能・稼動環境

Fat Scan-ファットスキャンの機能

受信・読込データ

DICOM3.0(腹部CT1スライス画像)/BMP(フィルム読込可)/DICOMタグ情報入力

計測機能

内臓脂肪・皮下脂肪・全体脂肪の自動計算/SD自動判定/胴回り長自動計算/BMI計算

計測結果データベース機能

計測結果・画像保存管理(最大5万件)/データ修正・検索/診断コメント追記

データ出力機能

検査結果レポート(DICOM.BMP.PNG.JPEG)計測画像(DICOM.BMP)計測結果データ(CSV)

Fat Scan-ファットスキャンの稼動環境

対応PC機種、PCソフトウエア動作環境

【対応パソコン】Windows7(メモリー2GB以上)

対応スキャナ機種

市販スキャナーで対応可。ただし透過原稿ユニットが必要。
解像度6400dpi以上

【スキャナーの機種選定について】
現在透過原稿ユニット付きスキャナーとしては、上記EPSON社のものが一般的で安価です。CT写真フィルムの読取りには問題ありません。ご注意頂く点としてはスキャナーの「窓」サイズがあります。安価な機種の場合、窓サイズが小さくフィルムの画像(コマ)サイズと合わない場合があります。スキャナーを選定される場合は、このCTフィルムの画像(コマ)サイズをご確認の上選定されることをお勧めします。

弊社推奨スキャナー:EPSON GT-X970(店頭価格4~5万円)

DICOMファイル画像の設定

CT 1スライス画像のDICOMファイルとして下さい。
読込み画像ファイルがDICOMの場合、患者名や受付番号などのタグ情報も自動で読込むことが可能です。
付属のDICOMビューア「FatScan Dicom Gateway」の機能により下記が可能です。

・ネットワーク接続によるDICOMファイルの送受信に対応しております。
(CT装置からPCへ受信、PCからPACS等へ送信) ※但し送信機能はオプションとなります。

・マルチ画像ファイルから1スライス画像を選択してFat Scanで読み込み可能な形式に保存可能です。

・CT装置以外のモダリティ(MRI、X-Rayなど)から出力されたDICOMファイルをFat Scanで読み込み可能な形式に保存可能です。

ファットスキャンに関するお問い合わせ
本ホームページのお問い合せフォームをご利用ください。
尚、お急ぎの場合には、下記へご連絡いただきますよう、よろしくお願いします。

(株)東日本技術研究所
ファットスキャンサポートセンター
電話:0294-53-8892
ファットスキャンカタログ表
ファットスキャンカタログ裏
ファットスキャン カタログ