PAGE TOP

製品情報

ホーム製品情報ファットスキャン > 協力機関と開発経緯

協力機関と開発経緯

Fat Scan-ファットスキャン協力機関と開発経緯

大阪大学大学院内分泌・代謝内科学

"Fat Scan-ファットスキャン"の開発の中心となった大阪大学大学院内分泌・代謝内科学では、動脈硬化の成因を解明し、予防や治療の開発を行うことを目標として、動脈硬化発症の基盤となる肥満症、脂質代謝異常などの病態を解決することを目指しています。今回の開発では、教授松澤佑次の持つ特許と同研究グループの研究成果を基に、計測理論・アルゴリズムの組込みだけにとどまらず、医学的精度の監修・検証をおこないました。

経済産業省IPA情報処理推進機構

"Fat Scan-ファットスキャン"は、経済産業省(IPA情報処理推進機構)の情報ベンャー事業化支援ソフトウエア等開発事業の「医用画像情報の電子化とそのデジタル診断支援計測ソフトの開発」として開発されたものです。"Fat Scan-ファットスキャン"の開発は、技術的新規性・市場創出性・社会基盤先進性などが高い評価を受け、「情報ベンチャー企業」としてN2システムのFatScan企画が採択されました。開発においては、IPA情報処理推進機構の研究員が技術指導などの支援をおこないました。

全国10医療施設での実証協力

"Fat Scan-ファットスキャン"の医学的精度の実証実験の為、全国の多くの医療機関に協力頂きました。

・大阪大学附属病院放射線部
・滋賀医科大学第三内科
・九州大学医学部第三内科
・東京逓信病院内科
・国立呉病院
・箕面市立病院中央放射線部
・順天堂大学医学部
・市立伊丹病院
・近畿大学医学部堺病院
・千里LC検診センター

ファットスキャンに関するお問い合わせ
本ホームページのお問い合せフォームをご利用ください。
尚、お急ぎの場合には、下記へご連絡いただきますよう、よろしくお願いします。

(株)東日本技術研究所
ファットスキャンサポートセンター
電話:0294-53-8892
ファットスキャンカタログ表
ファットスキャンカタログ裏
ファットスキャン カタログ