PAGE TOP

製品情報

ホーム製品情報 > ファットスキャン
経済産業省・大阪大学大学院内分泌代謝内科学 共同プロジェクト

Fat Scanは導入実績800施設を誇る内臓脂肪計測PCソフトウェアです。
大阪大学大学院内分泌・代謝内科学の医学監修を受け、計測精度・再現性を確保。
計測から出力まで1分以内というスピーディーな計測が可能です。

ファットスキャンとは?

最高水準

1.医学的監修と検証:大阪大学大学院内分泌・代謝内科学(第二内科)

2.政府機関委託研究:経済産業省情報処理推進機構(IPA)協同開発プロジェクト

3.高い信頼性:日本肥満学会での関連論文の発表(X線CT法)

4.著名機関での実証:大阪大学大学院、九州大学、東京逓信病院、順天堂大学他

5.トップシェア:パイオニアとしてのメタボリックシンドローム計測ソフト

導入実績

業界で唯一学術的なエビデンスを有し、トップシェアを誇るソフトウェア
《主な導入先》

大学病院 90
国公立病院 30
病院・クリニック 560
健診センター 45
海外病院 45
治験・医療機関 30

優れた操作性能

1.高速自動計測と手動トレースの任意選択(内臓脂肪、皮下脂肪、全体脂肪)

2.エビデンスに基づいた計測手法により、様々な計測画像に応じ適切なSD値自動認識が可能

3.すべてのCT装置と接続:DICOM3.0、フィルム計測

4.画像ファイリングシステムとの接続:複数PACSへの配信→電子カルテや健診で参照可能

5.高速ビジュアル化:計測から1分以内の印刷や出力(DICOM、BMP、PNG、JPEGデータ)

6.フルカラーレポート:肥満症、メタボリックシンドローム、診断基準に対応した診断レポートが出力可能

<ファットスキャン・システム概要図>
ファットスキャンに関するお問い合わせ
本ホームページのお問い合せフォームをご利用ください。
尚、お急ぎの場合には、下記へご連絡いただきますよう、よろしくお願いします。

(株)東日本技術研究所
ファットスキャンサポートセンター
電話:0294-53-8892
ファットスキャンカタログ表
ファットスキャンカタログ裏
ファットスキャン カタログ