PAGE TOP

事業内容

ホーム事業内容 > メディカル事業

メディカル事業

メデイカル事業本部における事業の概要

菅松事業本部長

メデイカル事業本部は、医療機関向けに電子カルテシステム(e-Jシリーズ)を中心とした医療情報システムの開発、販売、保守、アフタサービス等のコア事業とお客様常駐、非常駐によるSE支援やソリューションサービス等を行なうSEサービス事業を行なっております。
電子カルテシステム(e-Jシリーズ)は、お客様の規模に応じ中規模病院(100-200床)向けの「e-J ACE 」 、小規模病院(100床以下) 、有床診療所/クリニック向けの「e-J Light」の2つの製品を用意しております。e-Jシリーズは、業界トップの費用対効果(廉価性)と高い水準の機能と品質を保ちお客様より好評を博しております、
小規模向けの「e-J Light」は、日本医師会開発の標準医事会計ソフトウエア「ORCA」とも連動が出来ますので電子カルテシステムの導入コストを大幅に削減出来ます。医療情報システムは、核となる電子カルテシステム(e-Jシリーズ)と医事会計、検査、健診、画像、リハビリ、透析、在庫管理などの院内部門システムと連動しお客様における医療業務の迅速化、高度利用を実現します。初めて電子カルテシステムを導入される場合でも、医療情報システムに詳しいSEがお客様とご一緒にワーキングや運用の確立を行ないスムーズで安全な本番稼動へ入れます。
稼働後も良質の保守サポートやご要望へ対応しますので安心してご利用できます。

e-jseriesイメージ

e-Jシリーズ電子カルテの主な機能

・外来患者受付

・患者基本情報

・カルテ表示/入力

・カルテテンプレート

・諸記録作成文書機能

・シェーマ機能

・オーダリング機能

・ランチャ機能

・カルテ時系列表示機能

・診療科医師患者セット

・一括予約機能

・部門予約一覧機能

・薬剤禁忌チェック機能

・3点チェック機能

・院内メール機能

看護支援システムの主な機能

・温度版機能

・看護計画

・看護記録

・看護計画評価

・看護指示オーダー

・褥瘡計画管理

・看護必要度

・看護分類評価

・転倒転落アセスメント

・栄養管理計画

・病棟部屋一覧、MAP

・指示簿実施

・病棟ワークシート

・患者データベース

・空床管理

部門システムの主な機能

・医事会計システム

・検査システム

・健診システム

・画像システム

・リハビリ管理

・透析管理

・在庫管理システム

・手術予約管理

・地域連携システム

・患者待ち表示システム

・再来受付、自動精算機

・セキュリテイシステム

メデイカル事業本部におけるSE事業

メデイカル事業本部は、電子カルテを中心とした医療情報システムの開発、販売、保守、アフタサービス等のコア事業とお客様常駐、非常駐によるSE支援やソリューションサービス等を行なうSEサービス事業を行なっております。
SE事業は、主に医療機関のお客様の情報システムの高度利用をお手伝いしています。

コンサルテーション

電子カルテをまだ導入されていないお客様向けに現状の分析と最適な電子カルテシステムとの院内部門システムの導入をお手伝いします。

SE常駐サービス

電子カルテの導入に際し、電子カルテに精通したSEをお客様の現場へ常駐させて院内における課題解決とシステムの定着を図ります。

病院業務IT化サービス

院内でお困りの業務について、課題を解決し情報システム化(ペーパレス、キャッシュレス)をお手伝いします。

SEサービス

(1)医療システムセールスエンジニア 医療情報システムのコンサルテーション、システムのご提案を行ないます。
(2)医療システム導入マネージャ 電子カルテの導入に関する専門的知識を有しお客様への導入をマネージメントします。
(3)医療システムインストラクタ 医師、看護師、コメディカルの方々へ医療情報システムの操作指導を行ないます。
(4)医療システムロジステックス 医療システムの運用に必要な機器(サーバ、PC,LAN,プリンタ)を提案導入します。
(5)医療システムヘルプデスク お客様の職員の方からの医療システムに関するご相談、問合せ対応等を行ないます。

ファットスキャン プレミアム

生活習慣病の予防対策 国内トップシェアのファットスキャン

厚労省が推進中の「生活習慣病」の予防対策として「内臓脂肪の正確な計測」に関する医療現場での実用化を目標として産学連携で開発し、既に国内の大学病院、国公立病院、民間病院、研究機関等約800施設に納入され早期医療予防に活用されています。
ファットスキャンは、当社、大阪大学内分泌代謝内科学、川崎病院、和歌山大学における医学的監修と検証を重ね「内臓脂肪の正確な計測」に関するデファクトスタンダードとして多くの医療機関や研究機関でその計測データを基に糖尿病、心筋梗塞、ならびに脳梗塞などの早期予防医療、健康増進、医療費の削減へ貢献しています。

医薬品医療機器法(通称薬機法)の認証取得

平成26年11月従来の薬事法が大幅に改訂されソフトウエア単体でプログラム医療機器として認証される法律が施行されました。
当社は、 施行と同時に「内臓脂肪の正確な計測」に関する医療現場での高い実績と唯一医学的エビデンスを有する「ファットスキャン」についてプログラム医療機器の製造販売業を申請、平成27年9月に国内で初めて「内臓脂肪の正確な計測」のソフトウエアとして認証されました。

学術的エビデンスを有した業界最高水準のソフトウエア

医学的監修と検証 大阪大学大学院内分泌内科学(第二科)
政府機関委託 経済産業省情報処理推進機構共同開発
高い信頼性 日本肥満学会他で論文発表(X線CT法)
著名な機関での実証 大阪大学院、九州大学、順天堂大学他
国内トップシェア 約800施設で稼動中
e-jseriesイメージ

拠点情報